このページの先頭です
ここから本文です

ぽっこりおなかの原因!ハリ・ガス溜まりはなぜ起こるの?

おなかがパンパンに張って苦しくなったり、腸の辺りがゴロゴロしたり、おならが増えたり。恥ずかしくて声にしにくいトラブルですが、おなかのハリやおならで悩んでいる女性は意外と多いものです。受診するほどではないけど、ほっておくにはつらいし、でも誰かに相談するのも抵抗があるし・・・。そこで、長年胃腸と向き合い、研究を続けてきたロート製薬のパンシロン開発者が、おならやハリの原因から、ハリを防ぐために気を付けたいこと、おならでわかる体のコンディションまで、しっかり解説します。

ロートネーム:たっちゃん

教えてくれたのは

ロートネーム:たっちゃん

健康のために出す?マナーとして我慢?悩ましい大人の“おなら”問題

時や場所を選ばずもよおしてくるおなら。おなかが張って苦しい時は、「出した方がいいのかな?」と思いながらも、我慢するのが大人のマナーですよね。でも、ずっと我慢するのも体に悪そうで少し心配・・・。さらに「急におならが増えた」、「いつもよりニオイが強い」という時は、何か病気になったのかと気になることもあるのではないでしょうか。実は、体調によって変化するおならをチェックすれば、食生活や体のコンディションがわかることもあるんです。そこで、おならについての素朴な疑問について聞いてみました。

Q. そもそもおならの正体は?

ご存知のように、おならはおしり(肛門)から排出されるガスのことですが、実は、その元となる腸内のガスの9割は食事や会話の際に口と鼻から吸い込む空気(酸素や窒素、二酸化炭素)なんです。そして残りの1割が腸内細菌によって発生するガス(メタンや酪酸、硫化水素、二酸化硫黄、インドールなど)で、小腸の上部で消化吸収されなかった食べ物の残渣(かす)が、小腸の下部や大腸で分解される際に発生するものです。これらはほとんど腸で吸収されますが、吸収しきれない分がおならとして排出されるのです。と言っても、おならの7割は空気なので、本来はほとんどにおわないはずなんですよ。

Q. じゃあ、臭いおならは不調のサイン?

上で紹介したように、腸内細菌によって発生するガスは、ニオイの元となる成分を多く含んでいるのが特徴です。例えば、酪酸は腐ったバターのニオイ、イオウを含む硫化水素や二酸化硫黄、二硫化炭素は卵が腐ったようなニオイ、インドールやスカトールは糞臭がします。これらはタンパク質を分解する際に発生するものなので、おならのニオイが強い時は、お肉や卵などのタンパク質を取り過ぎているのかもしれません。気になる時こそ、食生活を見直してみてください。

Q. 急におならが増えたのは何が原因?

食物繊維を多く摂るとガスが増えやすいと言われますが、この場合のおならはあまりニオイがなく、健康上も問題はありません。それに対して、臭いおならが増えた時は、腸の疲労や腸内環境が乱れているサインです。タンパク質を栄養源に発酵・増殖して、硫化水素などを発生させる悪玉菌が増えているのかもしれません。悪玉菌は便秘でも増えるので、腸内環境を整えることが大切です。
ストレスや緊張などで空気を呑み込みやすい「呑気症」や、慢性的に下痢や腹痛が起きる「過敏性腸症候群」などの症状としても、おならやガスが増えることもあります。

Q. おならを我慢するとどうなるの?体に悪い?

おならを我慢すると、ガスがいつまでも腸の中に滞ってしまいます。すると、腸が張って動きが悪くなるので、便が停滞して便秘が進み、ますますガスが増えて溜まるという悪循環に。できることなら我慢しない方がいいんです。

Q. 臭いおならを減らす方法はある?

先ほどご説明した、タンパク質の摂りすぎに注意するのに加えて、便秘にも注意していただきたいですね。食物繊維の多い食事や、消化管運動を促進するために適度な全身運動を心がけたり、整腸剤やヨーグルトを摂るのも腸内環境を整えるのに効果的ですよ。

つらい“おなかのハリ”は、腸と胃、両方へのアプローチが大切!

「ぽっこり張り出して恥ずかしい」、「どんより重い」、「パンパンで苦しい」。様々な症状で現れるおなかのハリは、10~60代女性の5人に1人、20~30代に限っては3人に1人が感じると言われる深刻なお悩みの一つ。便秘と似ているものの、少し様子が違って、腸がゴロゴロしたり、おならが増えたり、ニオイも気になる困りもの。どう対処すればいいのか、その方法について聞いてみました。

※ n=2347、クロスマーケティング調べ

Q. “おなかのハリ”は単なる便秘とは違うもの?

便秘は腸に便が詰まった状態ですが、「腹部膨満感」と呼ばれることもある“おなかのハリ”は、食べ過ぎ・飲み過ぎによって胃が膨らんだり、腸にガスが溜まった状態です。ただし、便秘になるとガスが発生しやすく、そこから“おなかのハリ”につながることもあるので、無関係ではありません。

Q. “おなかのハリ”が起こる原因は?

乱れた食生活や運動不足、体の冷え、ストレスや深酒には要注意です。このような生活習慣は胃腸の動きを鈍くさせ、“おなかのハリ”の原因になりやすいと考えられています。

Q. “おなかのハリ”は便秘薬で解決できる?

便を出すことが主な目的の便秘薬は通常、腸(腸内細菌や腸の働き)にアタックするものが多く、溜まったガスによるハリは解決できないこともあります。 けれども、胃が動くと、その刺激で腸が動いて食べ物を順送りするように、腸と胃は連動して動くのです。だからこそ、“おなかのハリ”を解消するには、胃と腸、両方に働きかけることが大切だと私たちは考えています。

胃と腸を動かして“おなかのハリ”をすっきり解消へ!

販売名:パンシロン ビオリズム 健胃消化整腸薬
第3類医薬品

食の欧米化や無理なダイエットなどで、胃の動きが悪くなった女性が増えていることに着目し、誕生した「パンシロン ビオリズム」は、便秘だけでなく、“おなかのハリ”をらくにするために誕生した健胃消化整腸薬です。鈍った胃と腸をしっかり動かすカルニチン塩化物を配合し、溜まったものをスムーズに送り出しながら、おなかにうれしい成分で、きちんと腸内環境を整えるようアプローチ!胃に溜まった食物の消化促進や腸のガス溜まりの消去など、胃と腸全体を整えるトータルアプローチで便通リズムを改善するよう処方されています。ライム風味ですっきり飲めるのもポイントです。

・パンシロン ビオリズムについて詳しく知りたい方はこちら

食べ過ぎ・飲み過ぎやすい方や、ダイエットなどでタンパク質を積極的に摂るよう心掛けている方は、おなかのガスやハリに悩まされがちです。おならが気になったり、苦しいおなかのハリに悩まされている時は、まずは食生活を整えたり、全身運動を取り入れたりして、自然にすっきりするよう、日常生活の改善から始めてみてください。日々の生活で薬も上手に使って、快適なおなかリズムを手に入れましょう!

記事一覧を見る

合わせて読みたい記事

記事一覧を見る
  • この他にもお得なことがいっぱい!!
  • 新規会員登録する

contents_title

  • 目からウロコ!目の健康ガイド
  • キレイな素肌の秘密 スキンケア研究所
  • 毎日を笑顔で元気に 健康美容ナビ
  • ものづくりの裏側 商品開発ストーリー
  • 教えて、聞いて みんなの声