このページの先頭です
ここから本文です

教えます!ロート社員に聞いたリップの選び方

冬は外気が乾燥するため、唇の荒れがを防ぐために「リップが手放せない!」という方も多いのではないでしょうか。今回はリップの使い方のコツや、ロート社員の症状別リップの使い分けをご紹介します。


ロートネーム:あきちゃん

私が教えます!

ロートネーム:あきちゃん

リップの製剤開発経験者で、現在はマーケティング部に所属している。開発時代に培った肌や成分の知識を活かして、いろいろなリップを使い分けている。

どうして、唇は荒れるの?

唇が荒れる主な原因は、3つあります

紫外線、歯磨き、食べ物などの「化学的刺」

なめる、喫煙、手でさわるなどの「物理的刺激」

調不良や栄養のアンバランス など

そして、このような様々な原因に加え、唇の悩みで一番多いのが「乾燥」による荒れです。唇の表面は薄くしかも敏感。皮膚に比べて角質層が極めて薄く、水分を保ってくれる天然保湿因子(NMF)も少ないこと、そして皮脂腺がないためバリア機能を担う皮脂膜もできないので、唇は皮膚より水分を失いやすいという特性があります。 ただ、ありがたいことに唇は、皮膚よりもターンオーバー(肌の生まれかわり)のスピードが早く、荒れていてもケアをしてあげると治りやすい部位でもあります。

リップは適切に使えていますか?

あまり知られていませんが、実はリップも化粧水や美容液などと同じように、塗り方や使い方にコツがあります。

オススメの塗り方はあるの?

○クルクル円を描くようにマッサージし、血行を促進させながら塗りましょう。

クルクル円を描くようにマッサージし、血行を促進させながら塗りましょう。

○寝る前に使用する場合は、唇からややはみ出るくらいに塗り広げると、唇の周りの乾燥小じわや下がりがちな広角にもハリを与えます。

○口紅の下地として使用する場合はやや薄めに塗り、ツヤツヤに仕上げたい時は口紅の上から重ねて塗るのもおすすめです。

1日に何回塗るのがいいの?

乾燥するからといって唇をなめてしまうのは厳禁。1日4~6回こまめにリップを塗りましょう。

使用期限はあるの?

安心して使っていただける期間として、開封後、半年間が目安となります。

一口にリップといっても様々な種類のものが数多く出ており、「何をどうやって選べばいいのかわからない…」なんて人もいるのでは?

そこで、ロート社員の中で日常的にリップを愛用している者に、おすすめのリップや普段の使い方を聞いてみました。

教えます!「私のリップ選び&使い分け TYPE-1」

ささっと効率重視!2本使いタイプ!

ロートでは化粧品の商品企画を担当していることもあり、スキンケアには関心が高い。特に子供を産んでからは「如何に短い時間で簡単に肌への効果を出せるか」という視点で、以前よりも厳選してアイテムを選んでいる。

Q.リップ直しのタイミングは?

ロートネーム:さち

A.電車を待つ間のちょっとした空き時間に。また、オフィスでは意識して塗り直すようにしています。

ホームで電車を待つ間、通勤の歩行中など、ちょっとした空き時間に使うようにしています。
オフィスでは空気が乾燥しがちなので、デスクでも、化粧室でもだいたい2〜3時間おきに塗っています。

Q.どうやって持ち歩いているの?

ロートネーム:さち

A.気に入っている同じリップを3本持ち歩いています。

いつでもサっと取り出しやすいように「アウターのポケット」や「鞄の中」に入れています。

Q.使い分け方やそのポイントを教えてください。

ロートネーム:さち

A.グロッシーな美容液タイプと、繰り出し固形タイプの2タイプを使い分けています。

特に愛用しているのは長時間保湿が続くグロス美容液タイプですが、ツヤツヤな仕上がりを避けたい時は、マットな質感でもしっかり潤いを守ってくれる固形タイプを使うようにしています。

教えます!「私のリップ選び&使い分け TYPE-2」

しっかり保湿&リップケアタイプ!

リップの製剤開発経験者で、現在はマーケティング部に所属している。開発時代に培った肌や成分の知識を活かして、いろいろなリップを使い分けている。

Q.リップ直しのタイミングは?

ロートネーム:あきちゃん

A.くちびるの渇きを感じた時はもちろん、基本的には乾く前に、こまめに塗りなおして使用するようにしています。

くちびるは、皮膚が薄く、水分が常に蒸発している場所なので、リップクリームなどでふたをしてあげることで水分が奪われにくくなり、潤いが保たれるからです。

Q.どんな風にリップを使い分けているの?

ロートネーム:あきちゃん

A.使うシーンによって、容器タイプを使い分けています。また、効果の違いでも使い分けをしています。

■容器のタイプ

容器のタイプ

■効果別使い分け

お風呂上がりや洗顔後、顔のスキンケアの後に・・・

顔のスキンケアの最後のステップとして、必ずチューぷタイプのリップを使って、指でやさしく塗り伸ばします。

外出時やオフィスでは・・・

持ち歩きしやすいスティックタイプのリップを使用。会議の前後や、飲食をした後など、唇が乾きそう、と思ったらこまめに保湿しています。
また、色がつくタイプのリップは、保湿と軽いメイクを兼ねられるので、時間がない時に便利!

プライベートのお出かけ時では・・・

リゾート旅行はもちろん、休みの日のお出かけ時など、紫外線が気になる時は、1年中くちびるにも紫外線対策を欠かしません。SPFが表示されている紫外線カット効果があるリップを使います。

Q.唇がひびわれたり、口角炎 の時はどうしている?

ロートネーム:あきちゃん

A.医薬品のリップを使っています。

唇がひびわれたり、口角炎 の時は、医薬品リップを使います。炎症を沈めたり、修復を早める「有効成分」が配合されているので、効き目が違います。

※口の横が赤くなり痛い状態

Q.リップ選びで重視していることは?

ロートネーム:あきちゃん

A.敏感くちびるで、口紅やグロスがあわなくて皮がむけてしまうことがあるので、その対策としても、カラータイプのリップを常備しています。

カラーリップは色づくだけでなく、うるおいとツヤもでるので、とても便利で重宝しています。

Q.リップ以外で、唇のケアをしていますか?

ロートネーム:あきちゃん

A.余裕がある日には、意識して唇のスキンケアをするようにしています。

時間がある時だけですが、チューブタイプのリップをたっぷりと指にとり、指先をくるくると回転させながら左右を往復させて、くちびるをマッサージします。血行をよくしながら、密着感もUPして、保湿効果が長続きするんです。
冬場など特に唇の乾燥がひどい時は、リップクリームをレスキュー的に塗ってから、マスクをして寝ることもあります。喉の保湿もできて、風邪予防にもなります。

色々な使い分け方があるのですね。
唇も顔のスキンケアと同じように、こまめにケアをしてプルプル潤い肌をキープしてあげましょう。


最後に、唇の症状に応じたリップをご紹介します。

症状別のおすすめリップ

かさつき

しっとりタイプのリップクリーム、例えばホホバオイルなどのしっとり成分や、天然保湿因子、およびビタミン類が多く配合されているものなどを使用します。

ヒアルロン酸、シアバター、ホホバオイル(うるおい成分)配合の高保湿リップ

・メンソレータム ディープモイスト 医薬部外品

メンソレータム ディープモイスト

UV対策

日中の紫外線によって唇も日やけします。特に唇は皮膚に比べてメラニン色素が少ないことから、紫外線を防ぐ機能が弱くなっています。
夏の海や、冬のスキーなど強い日差しを浴びる時には、「UVカット」だけでなく、「SPF値」表示のある方がより高い紫外線防止効果があり、おすすめです。

SPF22 PA++でUV-A波&UV-B波をWブロック

・スキンアクア リップケアUV(左) 化粧品

SPF25/PA+++で紫外線もカット。
・メルティクリームリップ化粧品

スキンアクア リップケアUV

メンソレータムリップYN

皮むけ・ひびわれ

ブツブツとした皮むけは口唇炎をおこしている事も。ひどい唇の荒れ、ひびわれには医薬品のリップクリームでしっかりケアを。医薬品のリップには、有効成分が数種類配合されており、ひびわれ、ただれ、口唇炎、口角炎などに効果があります。

「殺菌」「消炎」「修復」に効果的な医薬品リップ

・メンソレータム(R)メディカルリップnc 第3類医薬品

メンソレータム メンソレータム(R)メディカルリップnc

切れて血が出る

血が出ているときはどのリップクリームもおすすめしていません。血が止まってからリップクリームを使用しますが、ひどい荒れ、ひび割れには医薬品のリップクリームをお使いください。
また、ある程度治ってきて通常のリップを使いたい場合は、切れた唇はしみやすいので清涼感が低めで、抗炎症剤配合のリップがおすすめです。

リップの使い分けとヒントは見つかりましたか?

いかがでしたか? リップは、特に意識をせずに乾燥を感じたら塗っている人が多いかもしれませんが、今は様々な種類のリップが販売されているので、あなたの唇やライフスタイルに合わせて使い分けしてみてはいかがでしょうか。

記事一覧を見る

合わせて読みたい記事

記事一覧を見る
  • この他にもお得なことがいっぱい!!
  • 新規会員登録する

contents_title

  • 目からウロコ!目の健康ガイド
  • キレイな素肌の秘密 スキンケア研究所
  • 毎日を笑顔で元気に 健康美容ナビ
  • ものづくりの裏側 商品開発ストーリー
  • 教えて、聞いて みんなの声