このページの先頭です

ココロート Park

本文へジャンプします。
ここから本文です

ドライアイ改善のポイントは『ムチン』にあり!?ドライアイのメカニズムとは?

ドライアイに悩む人が急増しています。原因は、今や日常生活に不可欠なスマホやパソコンの普及によるものです。「目がチカチカする、ゴロゴロする」「目が疲れやすい」などの症状がある方は、ドライアイかもしれません。今回は、ドライアイのメカニズムを紹介すると共に、有効な治療法についても触れていきます。

カギは『ムチン層』にあり!ドライアイのメカニズム

カギは『ムチン層』にあり!ドライアイのメカニズム

ドライアイとは、涙の分泌量や質の低下などによって、目の表面を潤す力が弱まった状態のこと。涙には角膜を保護する役割があり、『油層』・『水層』・『ムチン層』という3つの層から成り立ちます。
※正確には3層きちんと分かれた構造をしているわけではなく、ムチン層と水層の境界は不明瞭でゲル状になっています。

水油層

涙の3層のもっとも外側にあり、涙が蒸散するのを防ぎます。

水層

油層とムチン層の間にあり、涙液の大半を占めます。粘膜を潤し、細菌など目に害を及ぼすものの侵入を防ぎます。また、目に栄養分や酸素を届ける働きもあります。

ムチン層

涙の3層のもっとも内側にあり、目の表面に涙をとどめる接着剤のような役割を担います。


ムチンは、唾液や胃の粘液などにも含まれる粘り気のある液体です。角膜は本来、水をはじく性質がありますが、ムチンの働きによって角膜と水層の水分がなじみやすくしてくれます。ドライアイを予防するためには、涙の3つの層がバランスを保つことが重要ですが、その中でもムチン層が持つ役割は大きなものといえます。

ドライアイに効果的な目薬は?

ドライアイの改善にはさまざまな治療法があります。中でも効果が高いのは、医療機関で処方される目薬です。『ムコスタ』や『ジクアス』といった治療薬は、涙に含まれるムチンや、水分の分泌を促進する作用があり、ドライアイの原因に直接働きかけることができます。ドラッグストアでも涙の3層構造に着目した目薬やとろみのある目薬が目の乾きにおすすめ。ドライアイを放置していると、目の痛みなどの症状がさらに悪化することもあります。「ドライアイかも…?」と思ったら、早めに医師の診察を受けましょう。

・出典元:目ディア

会員登録すると特典がいっぱい!

会員登録する(無料)

記事一覧を見る

合わせて読みたい記事

コンタクトレンズの不快感に効く4つのお手軽アイケア方法

pickup

購入商品の登録でポイントが貯まる!素敵な商品と交換できる!!
ロート製薬のコミュニティサイト ココロ−ト♡Park グランドオープン!会員登録すると特典がいっぱい!
先着20000名様オバジC+オバジの化粧水「サンプルセット」プレゼント!
  • この他にもお得なことがいっぱい!!
  • 新規会員登録する

contents_title

  • 目からウロコ 目の健康ガイド
  • キレイな素肌の秘密 スキンケア研究所
  • 素敵な男性は知っている?! MEN’S LABO
  • 毎日を笑顔で元気に 健康美容ナビ
  • 旬なアイテム情報をお届け 注目アイテム