このページの先頭です

ココロート Park

本文へジャンプします。
ここから本文です

昼間に浴び、夜は避ける!「ブルーライト」と上手に付き合う方法

最近よく目にする「ブルーライト」って何!?

悪モノ扱いされがちな「ブルーライト」ですが、じつは人間のカラダになくてはならない光でもあります。では、どんな「ブルーライト」を避け、どんな「ブルーライト」を浴びればいいのか? 時間帯とシチュエーション別の「ブルーライトと付き合う方法」についてお教えします!

昼間は青空の下でしっかりと光を浴びよう!

太陽光に含まれる「ブルーライト」はしっかりと浴びたほうがいいといわれています。人間のカラダに刻み込まれた生活リズム「サーカディアンリズム」を整える効果があると考えられているためです。以下にご紹介する3つを生活習慣に採り入れてみてください。

目覚めたら、まず朝の光を浴びる!

夜の睡眠のために昼間はしっかり浴びる!

朝、目を覚ましたら、まずはカーテンを開けて朝の光をたっぷりと浴びましょう。太陽光に含まれる「ブルーライト」が、身体と脳をすっきり目覚めさせてくれます。

夜の睡眠のために昼間はしっかり浴びる!

夜の睡眠のために昼間はしっかり浴びる!

私たちのカラダは、昼間に「ブルーライト」を適度に浴びると、夜の睡眠の質をアップさせることができます。本来のリズムを取り戻すためにも、日頃から意識してみてください。

抗酸化食品をたっぷり摂ろう!

抗酸化食品をたっぷり摂ろう!

目の網膜の中心にある黄斑部は、ルテインとゼアキサンチンという成分が豊富で、光から目を守ってくれる働きや抗酸化作用があります。ルテインはほうれん草、ブロッコリー、レタス、グリンピースなどに、ゼアキサンチンはほうれん草、レバー、卵黄、ブロッコリーなどに多く含まれているので積極的に摂取しましょう。

生活リズムを狂わせて「時差ボケ」に…

就寝前にデジタル機器から発せられる「ブルーライト」を浴びてしまうと、カラダのリズムが崩れて健康に悪影響を与えかねません。以下の5つをチェックして、充分に注意するようにしてください。

画面を白黒反転させよう!

画面を白黒反転させよう!

スマートフォンで長文を読んだり、パソコンでWord などのソフトを使って文書作成する際は、できる限り画面を白黒反転させ、背景を黒にした方が目の負担が少なくなります。

ブルーライトカットメガネや液晶保護フィルムを使おう!

ブルーライトカットメガネや液晶保護フィルムを使おう!

「ブルーライト」をカットするメガネをかけたり、スマホにブルーライトを軽減する保護フィルムを貼るのも有効です。

画面に近づき過ぎないように!

画面に近づき過ぎないように!

目と画面が近づくほど、「ブルーライト」を浴びる量も増えますので気を付けてください。

使用は就寝の2時間前まで!

使用は就寝の2時間前まで!

眠る直前までスマホやパソコンなどを操作していると、脳がまだ昼間だと勘違いしてなかなか寝付けなくなります。就寝2 時間前までには、利用を控えましょう。

ベッドにスマホを持ち込まない!

ベッドにスマホを持ち込まない!

照明を落とした暗い寝室でスマホなどを操作すると、画面との明暗差が大きいため、目に悪影響が及びます。寝床で使わないよう、意識してください。

・出典元:太陽笑顔fufufu

会員登録すると特典がいっぱい!

会員登録する(無料)

記事一覧を見る

合わせて読みたい記事

コンタクトレンズの不快感に効く4つのお手軽アイケア方法

自分の目と、長く上手に付き合う方法

pickup

購入商品の登録でポイントが貯まる!素敵な商品と交換できる!!
ロート製薬のコミュニティサイト ココロ−ト♡Park グランドオープン!会員登録すると特典がいっぱい!
先着20000名様オバジC+オバジの化粧水「サンプルセット」プレゼント!
  • この他にもお得なことがいっぱい!!
  • 新規会員登録する

contents_title

  • 目からウロコ 目の健康ガイド
  • キレイな素肌の秘密 スキンケア研究所
  • 素敵な男性は知っている?! MEN’S LABO
  • 毎日を笑顔で元気に 健康美容ナビ
  • 旬なアイテム情報をお届け 注目アイテム