このページの先頭です
ここから本文です

健康への悪影響も…。「ブルーライト」の浴び過ぎにご注意!

パソコンやスマホから発せられる「ブルーライト」は、できるだけ浴びないほうがいい。ここ数年で、そんな意識が高まりつつあります。しかし、浴び過ぎてしまうとどのような影響をこうむるのかは、あまり知られていないのではないでしょうか。今回は「ブルーライト」が与える影響について、くわしくご紹介しましょう!


過度の「ブルーライト」で目は老化する!?

過度の「ブルーライト」で目は老化する!?

「ブルーライト」を浴び過ぎてしまうと、目のエイジングに影響を及ぼすのではないかと考えられるようになってきました。紫外線と同様に目の老化を早めてしまう可能性がある、ということです。一説によれば、「ブルーライト」を浴び過ぎると水晶体が白くにごり、視力の低下などを引き起こす白内障や、視界がゆがんだり、視野が部分的に見えづらくなったりする加齢黄斑変性症といった加齢性疾患を早めてしまう可能性が指摘されています。これらは、現在研究が進められている最中ですが、「ブルーライト」は目の細胞を酸化させる恐れがあるのではないかといわれています。酸化は目だけでなく、カラダ全体の健康や美容にとっても大敵なため、「ブルーライト対策」とともに、食生活にも気を配って抗酸化力を高めておく必要があるといえます。

生活リズムを狂わせて「時差ボケ」に…。

「ブルーライト」は、人間のカラダに刻み込まれた「サーカディアンリズム」にも変調をきたす恐れがあるといわれています。「サーカディアンリズム」は38億年も前から存在するもので、朝が来ると目が覚めて夜になると眠くなる、という人間の活動リズムのことです。眠る直前まで「ブルーライト」を浴び続けていると、この「サーカディアンリズム」を整えるのに必要なホルモンのひとつのメラトニンの分泌量が大幅に減少してしまうのだとか。これによりどんなことが起こるかというと、たとえるなら「時差ボケ」に近い症状です。夜勤が必要な仕事など勤務時間の不規則な人が、体調不良や不眠などに悩まされることがありますよね。そんな状態が日常的に続いてしまうのです。

ある研究機関によれば、就寝1時間前のメールチェックで、エスプレッソ2杯分の覚醒作用があると報告されています。睡眠の質が落ちると、日常の活動量まで低下してしまうため、就寝前はなるべく「ブルーライト」を浴びないことをオススメします。

昼間の「ブルーライト」はしっかり浴びたほうがいい!

昼間の「ブルーライト」はしっかり浴びたほうがいい!

しかし、逆に朝から昼にかけて、青空の下でしっかりと「ブルーライト」を目に入れると、カラダは本来のリズムを取り戻します。海外旅行で「時差ボケ」になった時、日中、外に出て日光浴をすると調子が戻ると言われるのも、「ブルーライト」を浴びることで「サーカディアンリズム」がリセットされるから。「ブルーライト」は私たちのカラダになくてはならないものでもあるのです。昼間は太陽からの「ブルーライト」をしっかりと浴び、夜になればなるだけLEDから発せられる「ブルーライト」を遠ざける。目とカラダの健康を守りたいなら、このことを意識して、ライフスタイルを見直してみてはいかがでしょうか。

・出典元:太陽笑顔fufufu

記事一覧を見る

合わせて読みたい記事

「常に目がうるうるする」って実は「なみだ目」の症状かも!

最近よく目にする「ブルーライト」って何!?

記事一覧を見る
  • この他にもお得なことがいっぱい!!
  • 新規会員登録する

contents_title

  • 目からウロコ!目の健康ガイド
  • キレイな素肌の秘密 スキンケア研究所
  • 毎日を笑顔で元気に 健康美容ナビ
  • ものづくりの裏側 商品開発ストーリー
  • 教えて、聞いて みんなの声