このページの先頭です
ここから本文です

正しい生活リズムを身に付けて、10年後の美肌をつくろう!

美肌をつくるためには、規則正しい生活リズムを身に付けることが重要です。特に重要なのは、上質な睡眠を取り、起床時間を一定に保つこと。今回は、その理由とメカニズムについてお教えします。

アオハルクリニック 小柳衣吏子院長

私が解説します!
アオハルクリニック 小柳衣吏子院長

「時計遺伝子」に従って、規則正しい生活を!

みなさんは「時計遺伝子」という言葉を聞いたことがありますか?
24時間周期の地球の上に生きる人間の体は、時間帯ごとにもっとも適切に生きられるように、体温や血圧、睡眠・覚醒など、生体機能のバランスをとっています。つまり、私たちは「体内時計」に支配されている。そして、その「体内時計」をコチコチ動かしているのが「時計遺伝子」です。

「時計遺伝子」は、時間帯に応じてさまざまなホルモンの分泌をつかさどっており、お肌ももちろん、この「時計遺伝子」に支配されています。23時ごろが「お肌のシンデレラタイム」といわれるのにも根拠があって、「表皮」の細胞分裂は「時計遺伝子」により、その時間帯にもっとも活発になります。一方、日中には外的刺激から体を守るため、皮膚をバリアのように覆う皮脂の生成を活発化させます。これは逆にいえば、夜間はバリア機能が低下するということ。だからこそ、夜にゴシゴシと力を入れて洗顔をしたり、夜通しどんちゃん騒ぎをしたりするのは「時計遺伝子」に逆らってお肌をキズつけてしまう危険な行為といえます。

起床時間を一定に保つことから始めよう!

睡眠は、美容の基本中の基本です。眠っている間に成長ホルモンが分泌され、日中に傷ついた皮膚細胞のダメージを修復して新しい細胞の生成を促進します。ここで重要なのは、「睡眠時間の長さ」ではなく「規則正しさ」。

不規則に長く寝るのは、「時計遺伝子」に逆らう行為であり、お肌にとって逆効果となりかねません。だからまずは、「起床時刻」を毎日一定に保ってみましょう。できれば就寝時間も一定に保ったほうがいいのですが、仕事や家事で忙しい人にとってはなかなか難しいことですよね。起きる時刻を一定にするほうが、きっとカンタンに実践できると思います。

オンだけでなくオフの日も起床時刻を変えないことも重要です。お肌がよみがえる「シンデレラタイム」の23時には、眠くて起きていられない、というリズムをつくるように心掛けましょう!

寝る前のスマホチェックは禁止! ストレッチで上質な眠りを!!

ベッドに入ってからスマホを見るのは絶対にNG。スマホの「液晶画面」には、入眠のために欠かせないホルモン「メラトニン」の分泌を抑制するブルーライトがたっぷりと含まれているからです。ネットサーフィンをしたいなら、朝起きてから楽しむようにしてください。

また、質の高い眠りのためにオススメなのが「ストレッチ」。軽いストレッチで日中に凝り固まった全身の筋肉をほぐし、血の巡りを良くしてから目を閉じると、心地よく眠ることができるはずです。

4つのストレッチをすべてやってもトータルで5分ほど。お手軽なのに、翌朝のカラダはとっても軽く感じます。ぜひお試しください。

ピックアップCカーブ

ピックアップCカーブ

①仰向けになって、足を腰幅に開いて膝を立てます。
②ゆっくりと息を吐きながら、腰を持ち上げ、ゆっくりと息を吸いながら戻します。5回くらい繰り返しましょう。

うつぶせシェイプ

うつぶせシェイプ

①うつぶせになって、両手でベッドの端を持ちます。
②左足のかかとを上げ、腰からひねって左脚を右に倒します。左右を替えて3回ずつ。

背中シェイプ

背中シェイプ

①うつぶせになって、両手を頭の上に伸ばします。
②背筋を使うように意識しながら、両手と両足を同時に浮かせ、下ろします。8回×5セットがんばってみましょう!

股関節ほぐし深呼吸

股関節ほぐし深呼吸

①あぐらをかいて座ります。
②股関節をできるだけ開いて、腰から真っすぐ上半身を折るように体を前に倒します。息を吐きながらゆっくりと、3回繰り返しましょう。 ゆっくりと全身をほぐしていくと、自然と呼吸も深くなり、「あ〜、今日も忙し過ぎて、呼吸が浅くなっていたわ〜」と気づかされます。

参考書籍紹介

『美肌の王道』 (日経BP社・2016年12月刊)
美容皮膚科医として多くの女性の悩みを診てきた「アオハルクリニック」の院長・小柳衣吏子さんの著書。最新の知見ももとに洗顔、保湿といった基本的な美容習慣に潜む「間違い」を修正し、「ウェルエイジング」のための正しい方法を紹介。いつまでも前向きで、キレイでいたい人の必読書です。

美の王道

ご購入はこちら

著者紹介

アオハルクリニック院長
小柳衣吏子 (こやなぎ・えりこ)
アオハルクリニック院長。皮膚科専門医。順天堂大学医学部卒業後、都内の美容皮膚科で経験を積み、平成23年、アオハルクリニックの院長に就任、現在に至る。“ウェルエイジング”をスローガンに、多くの人にとって、よりよい治療を日々模索する美容皮膚科のスペシャリスト。

・アオハルクリニックHP
・ブログ

記事一覧を見る

合わせて読みたい記事

記事一覧を見る
  • この他にもお得なことがいっぱい!!
  • 新規会員登録する

contents_title

  • 目からウロコ 目の健康ガイド
  • キレイな素肌の秘密 スキンケア研究所
  • 素敵な男性は知っている?! MEN’S LABO
  • 毎日を笑顔で元気に 健康美容ナビ
  • 旬なアイテム情報をお届け 注目アイテム